こまつなとひゃくにんいっしゅとかいぐんきねんび


 最近 以前ほどにはジャズやロックあるいはかつてフュージョンと呼ばれたジャンル不詳の音楽やはたまた民族音楽っぽいものなどをあまり聴かなくなって ではいま何をよく聴いているのかといえば アイドルの歌だったりするのである

自分でも『うーん そうなりましたか』ってちょっと意外な気持ちで今いるわけです 自分がアイドルの音楽を聴くなんて というかCDを買うなんて というかそれどころかDVDとかBDまで買っちゃってライブにまで行っちゃうなんて 少なくとも10年くらい前には考えられなかったことだね アイドルと一口に言っても様々で それぞれのアイドルグループの中にも多種多様な音楽性があって ジャンルなどは有って無いに等しいようなものばかり それがただ単純におもしろくて ああこの曲の歌詞はちょっとアレだけれど曲はいいなーとか 曲のアレンジがもっと良くなれば原曲の良さがもっと出てくるんだろうなぁとか そういうゆるい部分にあれこれ想像の余地があったりして なんかこう これまで聴いていた音楽の聴き方とはまた違った聴き方が出来たりする点が良かった(というか面白かった)のかもしれないな それまではなんていうか ある意味で完璧主義的な音楽(っていうと語弊があるのだけれど 完璧主義とはちょっと意味合い違うんだよな 昔から上手く言い表すことが出来なくてもどかしいのだけれど 譜面通りに演奏することが最終目標じゃなくて そこからさらに一歩も二歩も先に進んで 複数の楽器の演奏が互いに絡み合って大きなうねりを作り出しながら前に突き進んでいくような感じを目標にしているような音楽 単なる即興演奏の羅列でもなくて 譜面通りの演奏でもなくて っていう言うのは簡単だけれどやるの難しいよねって素人でも思っちゃうような音楽)が好きで あれこれいろいろ違う音楽を聴いてはまたその自分の好きな音楽に戻り また別の音楽を聴く ってことを中学か高校くらいからずっと繰り返していたのだけれど ここ最近おどろいたことにその好きな音楽に戻らなくなってしまった たまに 本当にごくごくたまにその自分の好きな音楽を聴いたりはするのだけれど なぜか以前ほどの感動が味わえなくなってしまっていて それがなぜなのか答えが出ないうちに曲を聴くのをやめてしまう なんでだろうな ま とにかくそうして最近では以前聴いていた音楽をあまり聴かなくなって かわりにアイドルの歌というか曲を聴いているわけだけれど なんだろうね 正直その以前聴いていた音楽に比べると格段に完成度の低いものばかりなのだけれど なぜか多くの曲にそれぞれ惹かれる部分があって それがどこなのか探すのが楽しみになっていたりする 以前聴いていた自分の好きな音楽の中にもまだまだ探しきれていないそうした惹かれる部分というのは腐るほどあるはずなのだけれど そっちを探すのは結構しんどくて 今はアイドルの曲を聴いてキラキラ光る部分を探す方が楽だし愉しくなってしまっている ってところかもしれないな 思えば昔のアイドルの曲もいい曲あったよな というか昔のアイドルの曲の方がいい曲は多かったかもしれない どうなんだろうね 確率的には 今のほうが圧倒的に一年にリリースされる新曲の数は多いと思うのだけれど 本当に良い曲が出る割合ってそれほど多くない気もするし(さっきと言ってることが矛盾しているけれど リリースされる新曲の多くはたしかに良い部分のある曲ばかりで その中で本当に良い曲となると一握りという意味) とすればもし昔の方が一年に出される曲数が少ないとすれば良曲の割合は昔の方が多かったってことになるだろうけれど とはいってもそう簡単に比較できるようなことでもないよね 昔ってのがいつなんだって話だし 
なんにしても曲を聴いて良い曲だなぁ〜なんて思いながら作曲者や作詞家の名前を見て知らない人だったりするとちょっとドキッとして同時に嬉しかったりもする なんでドキッとするのか未だによく分からないけれど 自分だけが知らなくて世の中から取り残されているんじゃないかっていう焦りなのかな? そんなことどうでもいいはずなんだけれど 嬉しさというのは良い作曲家や良い作詞家が世に出てくればそりゃ素直に嬉しいよね 嬉しくないはずがないよ そういうまだ知られていない人たちが有名になるチャンスでもあると考えるとアイドル業界もそんな悪いもんでもないなって思うよね たまにもっと海外の作曲家に頼んでもっと変わった曲書いてもらえば良いのになんて思うこともしばしばだけれど とはいえいろいろ事情もあるだろうし もちろん国内の作曲家だって良い曲書く人は大勢いるわけだからそれはそれでいいのだけれど 国内の作曲家さんに頼むケースが多いのはただ単に契約が簡単だからとかそういう理由なのかなぁ? それとも客に邦楽好きな人が多いからなのかな? それとも他に何か理由があるのかな? なんでだろうね 最近増えてきた懐古趣味的な曲があまり好きになれなくて 出来ればもっと新しいこと探して欲しいなって感じているんだけれど無理なのかな だとしたら先行き暗いね



[PR]
# by shuttertripper | 2017-05-27 05:27 | 日常

あきたけんけんみんぼうさいとるまんのひ


 昼間雨が降っていたせいか 夜になってから外に出てみると やたらにひんやりとしていて涼しくて まるで初秋のような気配すら感じてしまいそうな そんな錯覚を起こしてしまうところだったのである

いやいやいや まだまだ5月だからね 下旬とはいえ5月ですよ 危うく夏が終わったと勘違いするところだった 少し前(あれ何日くらい前だったっけ?)一時は最高気温が30℃を超えて真夏日を記録したりして あれ? 夏なの? なんて思っていただけに それを過ぎて平年並みになっただけで すでに夏が過ぎ去ってしまったかのような錯覚に陥ったとしても仕方がないよね まだ5月 とはいえ5月もすでに下旬である 早いようなそうでもないような5月だった 自分にとっては体調を崩した関係でゴールデンウィークがあってないようなものだったから それ以降の二週間ほどが少し長く感じたね その割にはやることがあまり出来ていないのだけれど 母の日の贈り物はすでに注文はしたもののまだ届かない というか届くの来週になりそうだ 遅いよね 最終的に実店舗で確かめることが出来なくてネットで注文したのだけれど ネットなら二三日で届くだろうと思ったら すっごく遅かった 逆にびっくり 昔はそんな感じだったっけな 昔の通販って届くのにものすごく時間がかかってた記憶があるのだけれど でも考えてみたら昔はあまり(というかほとんど)通販でモノを買ったことがなかった気がする 昔といってもいろいろだけれど Amazonを始めとするネット通販を始めたのが6〜7年前からだから それ以前はネットじゃなくてもっと別の方法の通販だったわけだよね その頃の通販ってどうだったんだろうか つまりAmazon以前の通販(別にAmazonじゃなくてもいいのだけれど 他にもいろいろあるし) ネット通販と宅配便の急速は発達で通販のイメージがガラッと変わったよね ま 今になってその発達が行き過ぎたものだったかもしれないと いろいろ仕組みを考え直しているみたいだけれど でも基本的にはこの先も今のスピード感とかサービスの本質的な部分についてはあまり変わらないんだろうな という気がする もちろんこれまでしていたことで出来なくなることは出てくるだろうし 新たにこれまでよりも一層速く一層細かくサービスを提供するということも出来ないだろうけれど これまでのサービスを維持するだけでも大変なことだから仕方のないことなのかもしれないな とはいえ 今回頼んだところの届け日数はちょっと長すぎる気もする やはり配送業者のサービスの見直しの影響なのかな? それとも以前からこのくらいの日数かかるものだったのかな そこら辺についてはよく分からないけれど とにかく来週になってしまうらしい 来週といえば そうだ他にも来週までにやることがいろいろあったんだっけ 一つ一つ済ませていかないと あっという間に5月が終わってしまう 来週半ばからはもう6月だものな 今年もすでに半ばにさしかかっているわけだ あとひと月ちょっとで今年の半分が終わり 後半に突入するわけか それを考えると個人的な用事がどうこう言ってる場合でもないな もっと仕事しなきゃいけない なんでもいいから 毎日毎日少しずつでいいから仕事しないと鈍るからね あと金を貯めないとMacも買えないし(iPhoneもiPad Proも) CDも本もその他あらゆるものが買えないから 



[PR]
# by shuttertripper | 2017-05-26 05:26 | 日常


洗面台の上のミカンと洋なしの偶然の出会いのように。


by 寿限無(仮)

画像一覧

  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。

購入観覧メモ

映画
『パシフィック・リム』
(2013/8/9〜)


『猫にかまけて』
町田康著
『大好きな本』
川上弘美著
『俺俺』
星野智幸著
『チェーホフの戦争』
宮沢章夫著
『時間のかかる読書』
宮沢章夫著
『創造的進化』岩波文庫
アンリ・ベルクソン著
『谷川俊太郎詩集』
『おかしな時代「ワンダーランド」と黒テントへの日々』
津野海太郎著/本の雑誌社
『猫を抱いて象と泳ぐ』
小川洋子著/文藝春秋¥1780
『ぶるうらんど』横尾忠則著 
『ロング・グッドバイ』
レイモンド・チャンドラー著
村上春樹訳/早川書房
『ナイフ投げ師』¥2100
S・ミルハウザ著/白水社
『ドラッカー名著集12
傍観者の時代』¥2100
ドラッカー著/ダイヤモンド社
『ドラッカーと福沢諭吉』
望月護著/祥伝社¥1890
『全訳-源氏物語-全五巻』
与謝野晶子訳/角川文庫¥740
『知的生産の技術』
梅棹忠夫著/岩波新書
『日日平安』
山本周五郎著/角川文庫
『若き詩人への手紙』リルケ著
『ゲド戦記』ル=グイン著

音楽
Weather Report
Daft Punk
奥田民生
相対性理論

検索

以前の記事

2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月

カテゴリ

全体
日常
写真
映画
音楽
小説

ほぼ
展覧会
スポーツ
NEO
Mac
講演
文章
メモ
未分類

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧